こんたくダイアリー

21世紀の徒然草

レーシック手術を受けてから半年が経ちました。受けてからの変化と現在。

みなさんこんにちは。

突然ですがみなさんはレーシック手術をご存知でしょうか?

正式名称『エキシマレーザー角膜屈折矯正手術』という、簡単に言うと角膜にレーザーを当てて目のピントを合わせて視力を矯正する施術です。

 

僕がこちらの手術を受けたのは2017年2月下旬。場所は品川近視クリニックの東京院で施術を受けました。

JR錦糸町駅から徒歩3分程の位置にあります。

 

1日で検査して当日中に施術も受けることが可能な『1日レーシック』というプランを受けてきました。

 

【手術当日の流れ】

 

朝10時開院なのですが開院の1時間後くらいに行きました。

受付の先客は3名程。想像していたより中々混雑してました。

受付で1日レーシックを受けたい旨を伝えるとまず簡単なカルテを記入するように促されます。

 

記入後は待合室で待つように指示されました。

待合室はこの日が日曜日ということもあり大変混雑してました。

待つこと約30分。自分の番が来ました。

 

まずは適応検査を受けました。約10種類程の器具を使い、現在の視力・矯正後出せる視力・レーシック手術を受けることが出来る程には角膜があるのか、他には視力や近視の程度などを事細かに計測しました。

僕の裸眼視力は両目0.1で右目の乱視が中度まで進んでました。左目は軽度の乱視でした。

 

適応検査を終えると再度待合室に通され、検査の結果を待ちます。

 

 

【検査の結果】

 

ドキドキの検査の結果ですが手術は受けられるとのことでした。

 

それもそのはず。僕はライバル院の神戸新宿アイクリニックで適応検査を受けていてそのときもOKだったのです(笑)

 

検査の結果を用紙を見せてもらったのですが、結果は前の適応検査とほぼ同じでした。

 

僕が品川近視クリニックに決めた理由は、アマリスZレーシックという手術を受けるためです。神戸新宿にはこの機械は無いのです。

 

【医師との面談】

僕は迷わず、『アマリス750Zレーシック』という今現在最新式の手術を受けたい旨を面談担当の医師に伝えました。

 

ここで簡単にレーシックの手術について説明したいと思います。

ホームページに行って間違いなく思うことが一つあります。

 

『手術の種類がいっぱいある!値段もバラバラだし何が違うの??』

 

レーシックの手術の際には機械を2種類使います。まず目の一番外側の膜を一旦剥がす機械と、あとは角膜に当てるレーザー用の機械です。

 

高価な機械を使うほど、細かい範囲に照射出来る(術後の見えが良くなる)のと照射の時間が短いので目への負担が少なくなります。術後の後遺症もなるべく抑えることが出来ます。

品川近視クリニックでは施術は7万円~と記載があるのですが、そちらは一番安価な機械を使用した場合の値段です。

 

これは僕が色々ネットで調べて思ったことなのですが、安価な施術も悪くはないと思います。

ですが一生に一度の施術なのでケチるポイントでは無いと判断し、品川近視クリニックで一番性能が高いアマリスという機械の最新バージョンで施術を受けました。

 

お値段29.7万円。(割引適応後の価格)

月給1か月分超やん…高い…

今回はレーシック手術を受けた知り合いの紹介で受けたので紹介価格で受けることが出来ました。

調べたら品川近視クリニックさんは紹介で手術を受けるパターンが一番安いです。一応紹介が無くても割引はあるのですが1万円程高くなるのと紹介者には謝礼も出るので紹介出来る知り合いを探すのが一番かと思います。

 

ここで医師から提案。つい最近導入したワンランク上のレーザーもあります。とのこと…

しめてお値段32.0万円!

更に見え方が良くなるとのことでこちらに変更しました。

f:id:akasakatakuya:20170831104325p:plain

 

【手術準備~手術】

手術前に、自分の判断で手術を受けること、術後のリスク(失明や失敗)を承知の上で手術を受けることの念書を書かされます(笑)

こえええ( ;∀;)

 

手術で医師がすることと言えばカルテに記載の数値の入力だけなので失敗はまず無いのと、もし万が一機械の不具合や地震などがあっても機械は自動で停止するようになってます。

なのでここはまず大丈夫だと判断。

 

 

手術はオペ室で順番に受けます。順番待ちの時の気分はまるで死刑執行を待つ死刑囚。

 

オペ室へ。まずベットに寝かされ、目薬を数種類差して貰います。

その後絶対に目が閉じないように器具で固定されます。

このとき怖くて泣きそうになりました(笑)

 

器具セット後はマシーンのセットです。手術開始。

 

 

まず、目の前が真っ暗になります。何も見えない。このまま一生見えなくなったらどうしようと泣きそうになる(笑)

その後緑の点が見えます。医師から今から手術に入るからこの点から視線をズラさないようにと注意されます。

 

その後…レーザーが目にキタ――(゚∀゚)――!!

 

音で照射されてるのがわかります。段々緑の点が見えなくなってきます。こちらの機械は外側の膜を一旦取るフラップ形成手術です。手術の内容を頭でわかっててもやっぱり怖いです。こちらは10数秒程で終わったと思います。

 

その後別のレーザーが入ります。こちらは目に当てるレーザーですね。

 

あああ!!目が!目があああ!!焦げ臭い!!!!!(笑)

実際笑える余裕は無かったですけどね。焦げ臭いのはマジです(笑)

 

こちらはあと何秒ですよ~と医師の方?が声を掛けてくれたのですがそれが長いのなんのって。あと10秒もあるのかよ…と思った記憶があります。

 

無事終了。再度フラップを取り付けて片目終了です。

 

あ、、もう片方あるのか、、、

絶望しました(笑)

 

もう片方も無事に終え、オペ室を離脱。

 

目を閉じてお待ちくださいとのことで術後者専用の待合室で待ちます。

早ければ約15分後に痛みが来るとのことで目薬を数種類差す。←この時点で目薬を差したのが約15分後で差したのか覚えてないです。すみません。

 

ああ確かに少し痛いかもな、という程度の痛みでした。(自分の場合は)

 

落ち着いてきたところで帰る際の注意や明日来るときの注意、今後の注意など口頭で説明を受けました。

目を触るとフラップがずれるとのことで専用のめがねを掛けて帰ります。

 

帰る際はまだ視力はぼんやりとしていました。元々ずっとぼんやりしていたので前と変わらずという感じです。

 

電車で自宅まで帰ったのですが、ほぼ目を閉じて帰りました。(一応推奨は近くのホテルに泊まってその日は休むことです。翌日にもう一回検査もあるので)

 

途中、数時間起きの目薬を差すために途中下車したのですが

視力が明らかに上がってる!!

という実感がありました。

 

無事帰宅。そのまま就寝しました。夜7時(笑)

 

 

【手術翌日】

起きてびっくりしました。視力がめちゃめちゃ上がってる!!

とても感動しました。世界はこんなにも彩りを持っていたのですね。

 

品川近視クリニックへ来院。翌日検診の結果は特に問題もなく、見え方も問題ありませんでした。僕は特に痛みなどもありませんでしたがその人によっては痛みなどもあるみたいです。

 

その後一週間後に検診して、一か月後に検診して三か月後に検診して現在に至ります。現在見え方は順調です。

 

【変化】

ハロー・グレアという、夜中に信号機やライトが眩しく見えたり滲んで見えたりしたのが翌日~一週間程度は出ました。といっても眩しいなと感じる程度です。

現在は大分落ち着きましたが術前と比べるとまだ眩しいと思います。

痛みは僕の場合は本当に特に無く、今思うと帰りの電車が少し辛かったかなという程度でした。

 

【受けてみて】

僕は受ける必要があったのでレーシック手術受けましたが受けてよかったです。誇張表現抜きで世界が輝いて見えます。

また近視や乱視が進んだらまた受けるときが来るかもしれませんが、そのときは諦めてまたあの地獄のようなレーシック手術を受けようと思います(笑)

人によって角膜の厚さと、レーシック手術の際に一回で削る量が違うのですが僕はもう一回は受けれるみたいです。

 

近視は25歳くらいまで続くみたいですのでまだ早かった感はありますし、数十年後のことはわかりませんが、今を楽しんで生きたいと思います。

 

もし詳しい質問や紹介を受けたい等何かございましたらお気軽にコメント頂ければと思います。

 

 

 

 

良くなった目で今日もエッチなDVDを見るぞ~!!!